高速道路で間違えてもUターンできる?無料で戻れる裏技を紹介!

高速道路で道を間違えることがあります。

カーナビがあれば、そうそうありませんが、

やはり、案内がよく聞こえなかったとか。

話に夢中になってしまい、気づいたら、分岐の地点を通り過ぎることがありますね。

そういう事ありませんか?

だいたい気付いた瞬間、案内標識があっても、追い越し車線を走っていたり、あぁーと思っている間に通過しているというパターンです。

カーナビの案内が悪いこともありますね。

音が小さいとか、表示が小さかったりとうっかりしてしまいます。

昔、Yahoo! カーナビで、分岐の案内が遠慮がちで間違えました。

もっと、アピールしてくれよ! と言いたくなります。

また、カーナビの癖もありますが、高速を降りて一般道を走った方が早い時にも、目的地の近くのインターまで案内する傾向がありますので、注意が必要です。

降りるべき出口への分岐、また、ジャンクションで、本来行くべき方向に行けなかった。

想像してみてください。冷汗が出そうですね。

こうなると、一瞬パニックに近い状態になりますよね。

時速100kmで走っていれば、2kmも1分12秒で通過します。

10kmも6分で走ってしまいますね。

その間に、焦らずに判断しないといけません。

いや、でも回り道をその間に見つけるのは困難ではないでしょうか。

ましてや、初めていく場所では、土地勘もありません。

カーナビに頼っている分、自分のいる場所すら把握できません。

でも、それらの問題を解決する方法があります。

しかも、お金は掛かりません。そうです、無料です。

そのことについて説明していきたいと思います。

PR

高速道路で間違えてもUターンできる

その言葉の通り、普通に戻ると大変なことになります。

逆走ではありません。逆走は大変危険ですので気をつけてください。

実は、私も…

自分で運転してたのでははありませんよ。(^-^;

同乗している時に、逆走の経験があります。

これは、めちゃくちゃ怖いですよ。

夜だったこともあり、普通に通行してきた車が、冷静に対応して頂き、何も起きずに済みました。

逆に昼間だと、ライトもないので、相手にすれば、いきなり逆走車が見えるという恐ろしい事になります。

歩いていても、出合頭の時に、両者が同じ方向にうごき、ぶつかりそうになる事がありますね。

車だと、動きも早いので、一瞬の判断の間違いで、正面衝突という最悪な状態になってしまいます。

勿論、もう二度と体験したくないですが。

こんな危険な事をせずに、正規の方法で、思った通りのインター、分岐に戻ることができます。

何事もそうですが、あらかじめ対処法がわかると慌てずに、冷静に対処できますね。

そう、このことを知っていれば、冷静に対処できます。

無料で戻れる裏技とは?

実は、知らないと裏技のように思われるのですが、 実は 裏技でもなんでもなく、あまり知られていない方法で、正式な制度としてあります。

それは

“特別転回” -とくべつてんかい

と言います。

特別と言っても、特別難しい事をする訳でもありません。

殆どの方が、ETCをお使いだと思います。

まず、運転に支障がないようレベルで、ETCカードを抜きます。

その時、ETCカードが入っていると、精算されてしまうので、例えば早朝割引もその時点で終わつてしまいす。

次のインターの料金所に向かいますが、必ず、スタッフがいる所に行きます。

そして、「道を間違えたので、特別展開お願いします」等と言うと、料金所のブースのすぐ外側のバリケードを外してくれます。

スタッフの方がいない場合は、インターフォンでお話ししてください。

それで通れるわけですね。

また、対応できない料金所もありますので、その場合は普通に出て、どこか安全な場所でUターンして、新たに料金所から入るしかありません。

あくまで、安全第一です。

少しのお金を惜しんで、事故を起こしたりしたら、本末転倒ですから、ダメな時には清く諦めるしかありません。

そして、逆方向ですが、本線に戻って予定していたインターで降りる事が出来ます。

まとめ

とにかく、一番大切な事は、絶対に勝手にUターンしてはいけないという事です。

逆走になり、命にかかわる事故になりますので、注意が必要です。

ただ、特別転回を知っておくだけで、ある程度冷静に対処できると思います。

そうすれば、少し残念でも、パニックになる事はありません。

また、本題からずれますが、経験上カーナビに頼り過ぎるのは良くないと思いました。

大まかな道順は頭に入れておいて、分岐する場所や出口は何かメモにしておいても良いと思いました。

特にインターを出てから一般道への分岐は分かりにくい事があり、一瞬の判断も必要とします。

このような事があるので、Googleマップのストリートビューで確かめておくことも良いと思います。

カーナビにしてもデジタルデータは一瞬にして消えますね。

紙に書いたメモは消えませんので、用意しておくと良いかもしれませんね。

書く事である程度覚えていますので、運転中に余計な所を探す必要がなくなるでしょう。

高速道路でのわき見運転は危険ですから。

それでは、安全運転でドライブを楽しんでください。

PR
高速道路の道を間違えたら
最新情報をチェックしよう!
>