名水 – 天然の湧水を汲んでくると、ご飯やお茶がおいしいです

名水
長野県飯田市 猿庫の泉にて

昭和の名水百選、平成の名水百選という言葉は聞かれたことがあるかと思います。

また、百選に選ばれなくても、地元の方に長年親しまれてきた名水もあります。

ただ、注意しなければならないこともあります。

PR

水質調査がされているか

名水でなくても、古くからあった湧き水も、その後環境の変化により飲料に適さなくなる場合もあります。

また、きちんと水質調査をして、管理されているかどうかが大切です。

単に誰かが言ってたというレベルでは危険です。

また、現地の注意書きもよく見る必要があります。

初めて行くところなど、場所がよくわからず、飲めない水が出ていることがあります。

私が時々名水を頂いている、長野県飯田市の猿庫の泉(さるくらのいずみ)も、とてもおいしいのですが、注意が必要です。

車を止めるスペースの近くに、水が出ています。

注意書きにも、この水は名水ではありませんとあります。

また、少し奥の方には、上流の名水からパイプで下してきた水もあります。

大量に汲むには便利なのですが、純粋に名水かというと疑問もあります。

まず、間違えないと思いますが、紛らわしい所もある事でしょう。

名水を汲む場所には、水質調査の結果も表示されていました。

市で管理されていて、定期的に測定されているようです。

菌類は測定出来ないレベルとありました。

やはり、このようなことも確かめる必要があります。

猿庫の泉

地下を通ってきた水は、この樋の部分だけ外気に触れるようになっています。

この下にタンクを置いて水を汲むことができます。

名水はご飯・料理がおいしくなる

炊き立てご飯

名水でご飯を炊くとおいしい

まず、なんと言っても、名水を使って炊いたご飯は格別です。

これはぜひとも一度試していただきたいところです。

やはり、おいしいお米は、おいしい水で炊いて活きてきます。

コーヒーメーカーでも、浄水器付きのものがあります。

やはり、コーヒーは香りが大切ですが、カルキがあると損なわれるからでしょう。

でもご飯もそうです。

味だけでなく、風味という事は大切です。

名水を使うと、そもそもカルキもありませんので、余計な臭いもなく、お米本来の風味が楽しめます。

お米を研ぐときには、最初と最後は名水になるようにします。

一番最初に入れる名水は、研いだ後捨ててしまうので、ちょっと勿体ない気がしますが、お米が水を吸うので、良い水を使いたいです。

2回目、3回目に研ぐときは、水道の浄水でも構いません。

最後に入れる、炊く時の水は名水が良いです。

こうすればおいしいご飯が炊けると思います。

名水をお料理に使うとおいしい

勿論、お料理に使ってもおいしいです。

お料理

これも、普段水道の水をつかっていると、そういうものだと思ってしまうのですが、一度名水を使いお料理をすると、違いが判るでしょう。

名水はお茶も美味しい

名水と茶の湯 (茶道)

私が、名水を意識するきっかけとなったのは茶の湯、茶道でした。

あまり上達しませんが、20年ほど茶道をさせて頂いております。

武者小路千家、官休庵でしております。

茶道には、名水点(めいすいだて)というお点前があります。

流派によって、細かい所は違いますが、水を入れておく水指(みずさし)という容器の上に、柄杓(ひしゃく)を飾る。

若しくは、蓋置が蟹の形をしていると、名水である約束になっています。

私も蟹の蓋置をヤフーオークションで入手しました。

鉄製の立派なものです。

なんと、 唐銅火舎蓋置 (からかねほやふたおき)とセットで5,000円しませんでした。

綺麗ですが、適度に時代もついて、桐箱入りです。

火舎蓋置 は利休さんが好まれた七種の蓋置の一つでもあるので、入手は嬉しいものでした。

さて、名水点ですが、お濃茶を差し上げた後に、お客から白湯を所望する声が掛かります。

美味しいお水は白湯にすると、美味しさがよくわかるので、白湯も楽しめます

冷やすと、違いが分かりにくくなるので、あまり美味しくない水も冷やすと飲めたりします。

しかしながら、名水は白湯にすると美味しいです。

お抹茶、お茶も名水を使うとおいしい

そして、肝心のお濃茶はとても美味しいものでした。

お濃茶は本当にお茶の葉っぱそのものを味わう事になるのですが、使う水が大切です。

お茶には軟水が合うのですが、かなりの軟水で、お抹茶の美味しさを最大限に引き出してくれます。

お濃茶もお稽古に使われるものから、茶事に使う高級なものまで、ランクがありますが、そのランクを一つ上げるよりも、名水を使った方がおいしいと思いました。

全く違います。

最初、これには本当に驚きました。

まさに、名水の力です。

名水のまとめ

美味しい水は、身体にすっと入ります。

抵抗も感じず、身体が受け付けるという感じです。

そして、美味しい。

そのまま飲んでも、料理に使っても、ご飯を炊いても、お茶に使っても美味しいです。

普通のお茶でも、味がマイルドになります。

勿論、コーヒーも美味しいです。

とにかく、なんでも美味しくなります。

そして、何かのコピーにありましたが、何も足さない、何も引かないという事で、身体に良くない塩素も使いません。

自然のままですから、身体に受け入れられるのだと思います。

浄水器も勿論つけた方が良いですが、名水は主に地下を通る間に不純物がろ過され、岩石層等のミネラル分が溶かし込まれるので、おいしいのです。

皆さまのお住まいの近くにも、ひょっとしたら名水があるかもしれません。

もし検索してあれば、一度お使いになる事をお奨めします。

きっと、その美味しさに感動する事でしょう。

PR
軽井沢 白糸の滝
最新情報をチェックしよう!
>